仏前式結婚式とは

新郎新婦

結婚式には仏前式や神前式などがありますが、仏前式結婚式は文字通り、仏様の前で執り行われる挙式スタイルです。

新郎新婦を初め、家族が信仰する仏教の教えに基づき、仏様や先祖に対して結婚の報告を行う、2人が出会った縁や先祖に足しうる感謝の気持ちを伝えるなどの特徴を持ちます。

仏前式結婚式は、先祖代々のお墓がある菩提寺やゆかりのある寺院の本堂、自宅に僧侶を招き入れて、家の中に設置してある仏壇の前で行われるなど様々です。

ちなみに、僧侶は式を執り行う司婚者であると同時に、寺院最高位の僧侶が役割を務めてくれます。

近年、京都の有名な寺院などで仏前式の挙式を希望するカップルも増えていると言われており、必ずしも菩提寺で行わなければならないものでもありません。

好きな歴史上人物のゆかりの地にある寺院で、第二の人生のスタートとも言える儀式を行うケースも多いのです。

寺院の中には披露宴会場が併設してある施設もあるので、以前と比較すると行いやすくなっています。

さらに、ホテルや結婚式場も仏前式でのウェディングを可能にしている所も多くあります。

但し、チャペルウェディングや神前式と比較すると、仏前式を選ぶカップルが少ないため、会場自体は限られてしまいます。

ですので、ネットを利用して神前式で結婚式が出来る施設の有無を確認するのがお勧めです。

新郎新婦

仏前式結婚式の一般的な流れはどのようになるのか、これから結婚式を控えているカップルにとっては興味深い部分ではないでしょうか。

最初に行われるのは参列者の入堂です。

雅楽が流れる中で、両親・親族・来賓の順で入堂し、本尊に向かって右側には新郎側、左側には新婦側の関係者が着席することになります。

次に、媒酌人に付き添われながら新郎が入堂、続いて媒酌人夫人に付き添われて新婦が左側の扉から入堂、両者が中央出会い、正面にある本尊の前に進みます。

新郎新婦の入堂後に司婚者でもある僧侶が入堂し、神前式の結婚式が開始されます。

以降、僧侶による敬白文朗読、新郎新婦が僧侶の前に向い合い着席して執り行われる念珠授与、司婚の辞や新郎新婦の順で焼香を行い、誓杯へと進みます。

誓杯は神前式の三三九度に当たる誓酒の儀式で、新郎新婦が最初に執り行い、続いて参列者全員が親族固めの杯を交わします。

三三九度が終わると、僧侶から新郎新婦への祝いの祈りが捧げられ、最後に一同が起立した状態で合掌を行うのです。

最後に、僧侶、新郎新婦、媒酌人、両親、そして親族の順に退堂するのが主な流れです。

天に上るイメージのイラスト

ちなみに、神前式結婚式は、因縁と言われている仏教の教えに基づき、来世までの結び付きを誓うものです。

そして2人の結婚は前世からの因縁である、先祖の慈悲によるものと言う、仏教の教えに基づいて執り行われるのが特徴です。

仏様とご先祖様に対し、その因縁を報告する、感謝の気持ちを伝えることで、来世までの結び付きを誓うものです。

そのため、現世だけでなく、来世の結び付きまで誓い合うのが仏前式の最大の特徴になっているのです。