喜寿のお祝いを家族が一緒に祝うために

家族

数え年である77歳を記念して行う喜寿のお祝いは、暖かいプレゼントを贈りたいものです。

実際家族が祝うにはどのようなプレゼントを贈れば良いのか悩みますが、ふさわしいプレゼントを贈ればきっと喜んでくれるでしょう。

喜寿のお祝いをプレゼントする上で1つのポイントになるのが色で紫色が長寿のお祝いカラーになるので、迷ったなら紫をベースにして選ぶと良いです。

喜寿のお祝いで気になるのが相場ですが、子供から両親にプレゼントする場合、平均予算は1万円から30万円とかなり幅広いです。

これだけ予算の相場の幅が広いとあまり参考にはならないかもしれませんが、品物を送る場合と温泉旅行などの旅行をプレゼントするケースがあるからです。

そのため値段の幅がかなり大きくなっているわけですが、奮発してマッサージチェアをプレゼントする人も少なくないので高額になる傾向があります。

もちろん値段が高ければ良いというわけではないので、予算については十分に家族と話し合って検討することです。

ちなみに孫から祖父や祖母に贈る場合は2千円から5千円くらいが妥当で、お世話になっている恩師であれば1万円から3万円くらいが相場になります。

喜寿のお祝いをする時は家族みんなで計画するのがオススメで、一緒にプレゼントを贈ることで貰った方の喜びは倍増します。

似顔絵ボード

思い出に残るプレゼントをしたいなら似顔絵のメッセージボードを贈ると良く、メッセージ付きの似顔絵ボードならきっと喜んでくれるはずです。

家族みんなでお祝いをするのに最適で、みんなが集まってその場で一緒に渡せば最高の演出になります。

贈る方も受け取る方もみんなで見て楽しむことができ、似顔絵ボードならリビングや食卓テーブルに飾っておくことが可能です。

寝室や玄関に飾っておけば、それを見るたびに貰った時の感動が蘇ってくるでしょう。

似顔絵を贈る時はプロに描いてもらうのが一番で、プロに頼むとそっくりに描いてくれるのでクォリティの高い贈り物が完成します。

またプロに描いてもらうことにより、いつまでも飾っておくことができるメリットがあります。

喜寿のお祝いは家族が一緒に揃って祝うことが大切で、何をプレゼントで渡すかよりもむしろ重要です。

家族みんなで集まってお祝いをするだけでその場の雰囲気は盛り上がり、本人の嬉しさは最高潮に達します。

話し合う

77歳のお祝いを最高のお祝いにするには、家族みんなで真剣に話し合いをすることが重要です。

どのようにお祝いにするのかをしっかり考えることが大切で、みんなで揃って記念写真を撮るだけでも有意義な時間になるに違いありません。

最高に思い出に残る時間となるよう、家族は事前にしっかり計画を立てて素晴らしい日を迎えられるようにしてあげましょう。

喜寿のお祝いは贈る相手が年配になるので、湯呑みをプレゼントするのもいいかもしれません。

その際、持ちやすさや大きさにこだわった湯呑みを選ぶのがコツで、手触りの質感が滑らかなものよりザラっとしたタイプがオススメです。

年配の人にザラっとした質感の湯呑みが良いのは、手に馴染みやすく持ちやすいからです。

 

おすすめの参考記事→家族と一緒に喜寿のお祝いを