貰って嬉しい傘寿のプレゼント(女性編)

傘

日本には古来から長寿を祝う風習があり、近代になるまでは50歳が平均寿命と考えられていて、60歳まで生きれば長寿であると考えられていました。

そのため60歳を迎えれば還暦、70歳は古希、77歳になると喜寿として特別なお祝いがありましたが、最近は平均寿命そのものが延びてきて、60歳や70歳を迎えるのは珍しいことではありません。

そのため近年になって80歳を祝うのに傘寿が生まれて、88歳で米寿、90歳で卒寿、99歳で白寿などがあり、それぞれ意味が込められています。

大体の人が当たり前に向かえるようになってきた傘寿ですが、実は説については明確にされておらず、傘の文字を略字にして縦に書くと八十の文字に見えるから、傘が広がる様子から末広がりと例えてつけたなど、いくつか説がありますが詳しく分かってはいません。

大切なのは意味を知ることよりも、迎えることができた喜びを祝いにすることです。

自分の祖父母や父母が迎えた時に喜べる環境であれば幸せで、その気持ちをプレゼントという形にすることも大切になってきます。

では80歳を迎える女性にプレゼントするのはどういったものが良いのか、もらって嬉しい品についてチェックしておくと、選ぶ時に参考になるはずです。

色

ポイントとしては「老人」という認識を持たないことで、地味な色合いよりも若々しいカラーが喜ばれます。

傘寿の文字から傘も贈り物として人気が高く、オーソドックスに花もいいですし、扇子や座椅子、クッション、湯飲みや箸といったものもおすすめです。

贈り物として考えた時に重要なのは予算になってきて、母親には2~5万円、祖母は1~3万円、親類の場合は5千円から1万円というのが相場になっています。

もちろん気持ちが大切になっていて、お金をかければいいといものではないです。80歳という節目の年を迎えた、その時に相応しい縁起の良い品を選べば間違いがありません。

母親や祖母といった間柄のいった場合、普段の生活の中で必要としているもので、明るくおしゃれな品を贈ると使い勝手が良いです。

財布や扇子・帽子・ストール・傘もおすすめで、色はイエローやオレンジなどポップなものが喜ばれます。

日常の品というのは年を取ると人によっては古くなっても使えるうちは使い続ける場合が多く、プレゼントなどを利用して新しいものにするのも良く、女性なら自分好みで素敵な品は幾つになってももらって嬉しいです。

枕

予算に余裕がある時は座椅子やマッサージ機なども良く、布団や枕というのも毎日使うものですから新しくなれば喜びます。

さらに物にこだわるだけではなく、一緒に過ごす時間というのも良く、遊びや食事に行く、自宅でゆっくりと過ごすというのもおすすめです。

ケータリングをとる、家事サービスをプレゼントするのも良く、日常の中で贅沢さを感じさせるものも良いかもしれません。

趣味があればそれに因んだものもよく、相手の好みを考えて選ぶことが大切です。

 

プレゼント選びの参考記事→米寿祝いのプレゼントに黄の物が選ばれる理由

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です