男性が還暦のお祝いに贈られて喜ぶものとは

シニア男性

 

還暦とは60年で干支がひとまわりして、再び生まれた年の干支になることから元の暦に戻るという意味があります。

満年齢で60歳を迎えたことを喜ぶ長寿を祝う行事で、赤いちゃんちゃんこを贈ることが習わしとなっています。

60歳で長寿というイメージはあまりありませんが、昔の平均寿命は50歳にもならなかったため、60歳はとても長寿でおめでたかったのです。

現在では、還暦は長寿の祝いというよりも、今までの感謝とこれからもよろしく、という気持ちを伝えるためのお祝いとなっています。

そんな還暦を迎える男性にプレゼントを贈りたいという人も多いと思いますが、還暦を迎える男性に喜んでもらえるプレゼントが思いつかないというケースもよくあります。

そこで、どんなプレゼントが還暦祝いの贈り物として適しているのか、注意点や具体的にいくつかご紹介します。

 

還暦祝いのプレゼント選びの注意点

チェック

 

そもそも、立場によって選び方は異なりますが、一般的には赤いちゃんちゃんこにちなんで「赤」をモチーフにしたものから選ばれるのが一般的です。

そのため、赤いちゃんちゃんこを選ばれる方も多いですが、還暦を迎える男性は赤いちゃんちゃんこや頭巾は照れくさいからやめてほしいという人が多いため、避けたほうが無難です。

 

高齢を意識させるようなものは避けよう

 

杖とおじいちゃん

 

そして、注意したい選び方としては、60歳のお祝いだからといって老親を意識させるようなものは避けたほうが無難です。

老眼鏡や杖などが挙げられます。

一生に一度のお祝いですので、記念に残るプレゼントや名入れの品などが人気で、赤色を使った小物やファッションアイテムなどの実用的なものが喜ばれます。

現代の60歳は高齢というイメージはなく、あまり高齢者扱いしないようにします。

そのため、少し派手だと思う赤色のアイテムも十分に許容範囲と言えます。

 

男性への還暦祝いギフトの傾向

 

赤い毛糸で編んだマフラーかセーター

 

最近では、赤をモチーフにしたセーターやベスト、カーディガン、マフラーなどの身につけられるものを贈るという人が多いようです。

その他にも、財布や時計などの日常的に使えるものや長く愛用できるもの。

趣味がある人にはそれにちなんだ贈り物をするなどライフスタイルに合ったものを贈ることが喜ばれます。

60歳の記念は誕生日とは異なり特別感があるため、家族全員で食事をしたり、旅行に行ったりするのもオススメです。

上司にお祝いを送りたいという場合には、あらかじめ趣味や好きなものなどを把握してから選ぶことがポイントです。

お世話になった人へのプレゼントですので、特別感を出すためには名入れグッズを用意するのも人気となっています。

特に趣味に関するものを贈ると言うケースが多くあります。

ゴルフが好きな人には名入れのボールやティーなどのオリジナリティーのあるものを送ったり、赤いウェアや帽子、手袋などが選ばれます。

お酒が好きな場合には、名入れのグラスやお酒なども人気です。

趣味がわからないという場合には、部下でお金を出し合ってレストランでお祝いをしてプレゼントを渡すなどのお祝いの仕方をすることも多くあります。

 

マナー違反に注意

靴下

 

ただし注意したいのが、靴や靴下などの履き物、鞄や文房具などは目上の方に贈ると失礼になってしまう贈り物ですので、避けたほうがマナー違反を防げます。

なので、プレゼントを渡す際には、その相手の立場や自分との関係性を客観的に判断できるようにしましょう。

 

相場について

 

電卓とクリップとペン

 

還暦祝いのプレゼントの値段の相場ですが、これは贈る相手との関係性によっても変わってきます。

父親へ贈る贈り物の全体的な相場としては、10000円〜50000円程度が一般的です。

30000円前後を選ぶ人が多く、高価なものを贈りたいという場合には家族みんなでお金を出し合って購入するということも多いです。

贈り物以外では、食事や旅行を計画することもあります。

上司に贈る贈り物としては、20000円〜50000円程度が一般的です。

一般的なお付き合いという場合には5000円〜10000円ということが多く、特にお世話になった人には20000円以上の贈り物をするという人もいます。

複数人でまとまって還暦祝いの贈り物をするという場合には、少し高額なものを贈るというケースが多いです。

 

お酒

お酒

 

具体的なプレゼントとしては、まずはお酒が挙げられます。特にお酒が好きという人にはぴったりな贈り物です。

一生に一度のお祝いに一生の感謝という意味で一升瓶を選び、二本贈ることでますます健康にという意味合いを込めて贈る人もいます。

日本酒などのお酒以外にも、ヴィンテージワインを贈るのも人気があります。

また、名入れにすることで飲み終わったとも記念品として飾っておけます。しかも世界に一つだけのオリジナルギフトとなるので、より喜んでもらえることでしょう。

ただし、相手があまり好きそうにない、趣味に合わないお酒を選んでしまうと、相手も気を遣ってしまうため、なるべく相手に合わせたお酒を選ぶことをおすすめします。

 

財布

 

財布

 

日頃から使えるものとしては、財布も人気です。

ただし、財布を選ぶ場合には大人の男性が使っていても問題のないブランドで、上質な素材を使い、機能性が高く、裁縫もきちんとしたものを選ぶことが重要です。

長く使えるものを選ぶことがオススメで、どんな財布が好みなのかあらかじめリサーチすることも喜ばれるポイントとなります。

 

マッサージ機

マッサージ

現役で働いていると人には、日頃の疲れを癒すマッサージ機も人気です。

マッサージチェアは高いですが、最近ではコンパクトなマッサージ機も多く販売されています。

特にマッサージ機能付きの座椅子やクッションなどは気軽に使えます。

ただ、あまりにも大きいモノだと貰う相手も戸惑ってしまうため、一緒に住んでいる家族ならば自宅の配置もわかっているため大丈夫ですが、家族以外に贈る際には十分に注意してください。

 

腕時計

 

 

記念品の定番としては腕時計も人気です。

おしゃれな時計などがオススメですが、時計にこだわりを持っている人いるため、その人の趣味や好みに合わせた選び方が必要となってきます。

もし欲しいブランドの腕時計の情報を事前に聞いていた場合、そこから探してみても良いでしょう。

 

名入れギフト

名入れギフト

その他、やはり人気なのが名入れギフトが人気です。

様々なものに名入れができるため、好みによって名入れして贈れば喜んでもらえます。

 

最近では、メッセージ付きの名入れギフトも人気です。

「これからも長生きしてね」や「いつもありがとう」など。

これらは定番のメッセージかもしれませんが、メッセージがあるだけでも、喜びはさらに増すことでしょう。

 

プレゼント選びの参考記事→還暦のお祝い贈り物

 

食事会や旅行を企画するのもおすすめ

 

食事会

 

また、モノとしてのプレゼントではありませんが、還暦のお祝いの会として旅行や食事会を企画し、一緒に楽しむというのもおすすめです。

普段めったに行かないような所、久しぶりに訪れようと思った所、どこでも構わないでしょう。

重要なのは、相手が喜んでくれそうな場所にすること。

 

そして、何よりもせっかく食事会や旅行を一緒に行くのであれば、その現地での写真を贈るというのも一つのプレゼントです。

一生の思い出というプレゼントを贈りましょう。

関連記事:還暦祝いのプレゼントにオススメな品物5選

 

まとめ

喜び

 

これらのおすすめしたい還暦祝いのプレゼント、いかがでしょうか。

どんなプレゼントであっても重要なことがあります。それは、相手が喜んでもらえるようなプレゼントを選ぶこと。

 

そのためには、プレゼントを渡す相手とは日頃から積極的にコミュニケーションを取り、何が好きなのか、どういう趣味があるのかを事前に聞いておくようにしましょう。

それは還暦だけに限らず、どの長寿祝いにも共通することです。

もしかしたら、それがプレゼントの第一歩かもしれません。

関連記事:70歳のプレゼントで喜ばれるもの