ブライダルに関するオモテナシと演出

結婚式

最近結婚式の演出はさまざまなものがあり、定番の演出のものからいろいろなジャンルがあります。

少し前なら映像や友人や親戚などの余興が中心でしたが、結婚式にはおもてなしや余興はもちろん、結婚式の日取りが決まり招待状を送付するところからスタートしていると言えるでしょう。

例えばゲスト参加型の場合、式場全体が盛り上がったり祝福ムードが増えるので1つや2つ入れるカップルが多い傾向にあります。

具体例としてゲストに証人になってもらうウエディング・ツリーというものがあり、木が描かれた紙にゲストの人が指を使って印鑑を押すようにして木の葉を描くようにします。

映像系の場合、プロフィールムービーなどは定番になっていて、結婚トレンド調査によると、実際90%以上の人がこのムービーを利用してゲストと一緒に鑑賞するという手法を行っていました。

会場によっては2つ以上のモニターがあったりたくさんのスクリーンを設置して、どのアングルからでもゲストが映像を見やすいようにしているところもあります。

また、中にはプロジェクションマッピングを使って華やかさにこだわっている式場もあるそうです。

ムービー

よくあるのが新郎・新婦の生い立ちを描いたプロフィール形式ムービーで、二人の赤ちゃんのシーンから二人が出会い結婚至った経緯を描いています。

装飾系の場合、インスタグラム用のフレームやフォトボードなどを利用するカップルがいて、披露宴会場はもちろん待合スペースや控え室など、細かな装飾を施すことが可能です。

中には写真撮影を行うのに「SNSパネル」などを設置している会場もあります。

余興系の場合はゲストがおもてなしとして二人のために歌やマジック・ダンスなどを行うことが多いでしょう。

従来はカラオケやスピーチなどを行っていましたが、最近の傾向として二人には内緒で映像を流したりフラッシュモブなどのダンスを行う人が増えています。

二人の出身校の校歌を歌う人もいて歌の種類も豊富です。

定番として同僚や友人が新郎・新婦を紹介するのに新郎新婦のための取扱説明書を作成し、式場で発表している人が多くいます。

結婚式

料理系はおもてなしの基本で、式場選びの重要なポイントとして料理をあげるカップルが増えてきています。

ゲストの人においしい料理を食べて欲しいという願いもあり、従来のようなコース料理はもちろんビュッフェタイプの料理を楽しめたり、屋台感覚で料理を楽しめるようなブースなども利用することが可能です。

中には新郎新婦が手作りしたスイーツをふるまうようなシーンもあり、料理の内容はフレンチやイタリアン・和食などいろいろな種類があります。

ゲストの料理への期待を高めるような演出を行う式場もあります。

例えば新郎新婦のエピソードを盛り込んでいるオリジナル料理を提供したり、ウェディングケーキに二人の思い出のシーンを描いたデザインのものもあるでしょう。

二人がケーキを取り分けて、ゲストの一人ひとりに振舞うというサービスも人気です。

 

ブライダル参考記事→結婚式でのおもてなしに関する演出