70歳のプレゼントで喜ばれるもの

紫の花

「古希」とは、70歳を迎えたことのお祝いです。「古稀」とも表記され、昔は70歳まで生きることが稀だったために、このような漢字があてられているようです。

長寿時代の昨今では、70歳といえどもまだまだ現役で働く方も多く、見た目も若々しい方たちばかりです。そんな元気な70歳の方へのお祝いにオススメのプレゼントを紹介します。

還暦に赤い色のものを贈ることは有名ですが、古希の色は「紫」です。紫は昔の技術では染色するのが難しい色で、貴重なものでした。

皇族や王などに使用することが許された色で、高貴なイメージの代表でした。そのため70歳を迎えた方への敬意を表わす色として、古希に紫が使われるようになりました。

紫にちなんだものをプレゼントすると、古希の大切な意味合いを分かち合うことができて喜ばれることでしょう。

ネクタイ

男性でしたら靴下やネクタイなど、さりげなく紫の色合いが入ったものがおしゃれです。

ファッションには好みがありますので、メインの服に紫色を持ってくると抵抗がありますが、ワンポイントの紫のアイテムであればアクセントとして取り入れてもらうことができます。

女性でしたら紫色のショールやハンカチがオススメです。夏でしたら、センスでもいいですね。

あくまでもさりげなく使ってもらえるような脇役的なアイテムの方が、お互い気兼ねがないと思います。

プレゼントは形に残るものだけではありません。「思い出」を提供することも素敵な贈り物です。社会のために全力で走ってこられた70歳です。

自分のことは後回しで家族のために尽くしてこられた方も多いでしょう。「ゆっくりしてきてね」と旅行をプレゼントすることも人気です。

大好きなお孫さんを連れて家族で行くことを希望される方や、夫婦水入らず、はたまた気楽な一人旅など様々です。

中には、夫婦で別々の旅行先を希望される方もいます。

本人に楽しんでもらうことが目的なので、リクエストに存分そった思い出作りのプレゼントを企画してみてはいかかでしょうか。

旅先にあらかじめプレゼントや、食後にお祝い用のケーキを手配したりのサプライズを、旅館の方に協力してもらうことも大変喜ばれます。

モバイルバッテリー

古希といっても、いわゆる「お年寄り」のイメージは現代では不釣合いです。発想が自由な70代の方も多いので、昔ながらの慣習にこだわりすぎる必要もありません。

スマートフォンやタブレットなど、IT技術を使いこなしている方も多いです。

たとえばICカードを入れることができたり、コンパクトミラーがついているスマートフォンカバーや、出先で電源がつかなくなった時のモバイルバッテリーなど、「もっと便利なものがあるよ」という最先端グッズも、現代の古希のお祝いにはふさわしいのではないでしょうか。

オススメのものをいくつか紹介しましたが、1番は「これまでの感謝の気持ち」を言葉にして伝えることが大切です。遠方でなかなか逢いに行くことも難しい方もいます。

たまにはメールではなく「おめでとう」と「ありがとう」を、声で伝えてみてはいかがでしょうか。

 

参考記事→古希プレゼントでよろこばれるものとは